犯罪防止の為に監視カメラを取り付けよう|人気の高い機能を厳選紹介

ドアの防犯対策

家族

ピッキング被害を防ぐ

家の鍵が壊れた、紛失した、空き巣に入られたなどで鍵を交換することがあります。鍵は約10年で劣化するので、長期間使用していて不具合を感じるようであれば、交換するタイミングです。最近は、ピッキング被害が増えてきたので、防犯性の高い鍵に交換することをおすすめします。鍵には主に3種類あり、ロータリーディスクシリンダー、ピンシリンダー、ディンプルキーがあります。ロータリーディスクシリンダーは、すべてのピンが揃うことで回転できる仕組みになっていて、複雑な鍵なのでピッキングが難しくなっています。ピンシリンダーは、形状がギザヒザになっていて、玄関や勝手口、金庫など様々な場所で使われています。しかし、構造が簡単なのでピッキングに弱く、家の鍵には向いていません。ディンプルキーは、表面にくぼみがあり、シリンダー内部の構造が複雑になるため、防犯性が高いです。鍵の交換は、専門業者に依頼する方法と、自分で交換する方法があります。自分で交換する場合は、費用を安く抑えることができますが、ドアに合った鍵を選ばないといけないので、知識が必要です。不安な場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。料金の相場は、作業費用と出張費用が10,000円から15,000円程度、部品代などは別途かかり10,000円から30,000円程度で高めですが、早く交換ができます。業者はたくさんあるので、ウェブサイトで料金を比較したり、口コミなども参考にしたりすると良いでしょう。